池田動物病院【川崎市中原区】

設備紹介

 

血計算器

赤血球、白血球、血小板数を測定し、貧血、脱水、感染、炎症などの診断に役立ちます。
 
 

血液生化学検査機器

肝臓、胆嚢および胆管、腎臓などの内臓疾患、内分泌疾患、その他の病気の診断に役立ちます。また、血液中蛋白質、血糖値の測定もできます。
 
 

生体モニター

麻酔濃度、心拍数、血圧、心電図、血中の酸素飽和度、二酸化炭素分圧等をモニターすることができる機械です。これにより動物の状態を常に把握しながら、安全に手術を行う事ができます。
 
 

フルカラー超音波診断装置

超音波は、被爆する事なく体に優しい診断技術です。内臓(心臓、肝臓、胆のう、胆管、脾臓、腎臓、膵臓、胃、十二指腸、小腸、大腸、副腎、膀胱、子宮、卵巣、前立腺等)の状態や腫瘍の有無、胸水、腹水、妊娠診断、血液の流れなどを詳しく見ることができ、病気の診断に大きく役立ちます。
 
 

麻酔器/人工呼吸器

当院では、麻酔中に安全で、体への負担が少なく、麻酔からの目覚めも早いガス麻酔を用いております。
また、重圧式の人工呼吸器は、換気回数、換気圧を設定でき、安全な環境で手術を行う事が出来ます。
 
 

内視鏡

開腹することなく、消化管異物の摘出、消化器疾患における組織の採取が出来る機器です。消化器疾患における治療、確定診断に大きな力となります。
 
 

酸素室

状態が悪く、呼吸が苦しい動物の為の設備です。温度、湿度、酸素濃度の調整ができる為、重症の子に用いています。
 
 

眼圧測定器

無麻酔で眼圧が測定できる機械です。緑内障の診断等に役立ちます。